教育研修支援事業

事業紹介

ビルメンテナンス業従事者の資質向上を図るため、「建築物における衛生的環境の確保の法律」に基づいた、研修会、講習会を開催する。
 
① ビルクリーニング技能競技会の開催
② 清掃技術・資機材講習会の開催
③ ビルクリーニング技能検定の準備講習の開催
④ 清掃技術に関わる研修会、その他の講習会の実施
⑤ 協会指導講師の増員・指導育成
⑥ その他ビルメンテナンスに関する技術や知識向上に関する事業

活動報告

2017年10月18日(水)貯水槽清掃作業従事者研修会

「建築物における衛生的環境の確保に関する法律(建築衛生法)」の貯水槽清掃業(5号登録)の登録要件として定められた従事者研修を実施しました。受講者:20社・33名

 

H29.1.18貯水槽研修 005_R H29.1.18貯水槽研修 008_R H29.1.18貯水槽研修 011_R

2017年7月9日(日)第15回アビリンピック福井大会ビルクリーニング競技

13名の参加選手により2コートに分かれて競技が行われ、当協会から審査員、補佐員の14名が競技審査・補助、競技会場の設営、資機材貸し出し等の協力支援を行いました。

 

 アビリンピック 15回大会

 

なお、大会前の6月22日には種目講習会が福井南特別支援学校で実施され、4名の協会講師を派遣して技術指導が行われてます。

2017年5月17日(水)第14回清掃技術・資機材講習会

テーマ『新世代の清掃資機材』

賛助会員4社と協会会員1社㈱アイビックスにより、第13回福井県ビルクリーニング技能競技会と同時に開催されました。

 

H29ビルクリ競技会 034_R H29ビルクリ競技会 038_R H29ビルクリ競技会 040_R

 

H29ビルクリ競技会 043_R H29ビルクリ競技会 054_R

 

全体の参加人数は、27社・94名となりました。

2017年5月17日(水)第13回福井県ビルクリーニング技能競技会

大会パンフレット → 第13回ビルクリーニング競技会パンフレット

 

会員企業の5社6名の競技参加者が日頃の清掃技能を競いました。ビルクリーニング技能士である競技参加者は、中部大会、全国大会を目標に、練習を重ねとてもレベルの高い大会となりました。入賞者は以下のとおりです。

 

 優勝 宮下 大志 (㈱トータルクリーンタカシマ)

 2位 松原 佳史 (㈱アイビックス)

 3位 村田 茂樹 (㈱法美社)

 

上位2名は、6月22日中部北陸地区大会へ出場します。

 

H29ビルクリ競技会 004_R H29ビルクリ競技会 005_R H29ビルクリ競技会 010_R

 

H29ビルクリ競技会 015_R H29ビルクリ競技会 020_R H29ビルクリ競技会 029_R

 

H29ビルクリ競技会 059_R H29ビルクリ競技会 065_R H29ビルクリ競技会 073_R

 

H29ビルクリ競技会 078_R H29ビルクリ競技会 085_R H29ビルクリ競技会 087_R

 

H29ビルクリ競技会 092_R